東京都

日本における政治・経済・文化の中心であり、政治面では、日本政府が本拠地としている。
立法府である国会の議事堂、司法府の頂点である最高裁判所、行政府の長である内閣総理大臣の官邸、中央省庁街(「霞が関」)などは、いずれも東京の中心部である東京23区にある。
経済面では、日本の株式上場企業の本社のほとんどが東京に集中し、近年では(東京圏では)購買力平価(PPP)を基にしても東京都市圏のGDPは1兆5369億ドル(2014年)であり、世界的な経済都市であり、大消費地でもある。
ミシュランガイドの星つきの飲食店の数は世界最多で、世界各国の食文化が華開いている場所でもある。東京は、日本各地、近隣の国々、世界各国から人々が 観光に訪れる都市であり、さらに東京に移住した外国人の人口は2020年1月時点でおよそ57万7千人で、独り暮らしや家族単位の暮らしをしている人々も多いが移民街も形成されており、様々な国の文化背景を持つ人々が仲良く暮らすことが、近年では行政によっても積極的に推進されている場所でもある。

 

千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区

東京の主要5区が特別な理由には、ビジネス地域(オフィス街)、商業地域としての役割を担う一方、日本の最高級住宅街としての役割を担っている。当然のことながら、最も高い地価と賃料のエリア。

東京の街並みには、2つの明確なエリアがあり、東京都の地理的および文化的中心にある皇居と、都市の中心を囲む山手線。東京の中央5区はすべて山手線内にあり、皇居に隣接している場所に位置する。

 

東京都の主要区