さいたま市

埼玉県 - さいたま市のビジネス・オフィス街

埼玉県の県庁所在地であり経済の中心地でもある さいたま市のビジネスオフィス街 は、大宮駅周辺、浦和駅周辺、さいたま新都心駅周辺の3地区に大別 される。中でも、大宮駅は東北・秋田・山形・上越・北陸・北海道方面から新幹線が乗り入れる他、JR各線や東武鉄道が利用できる東京圏北部の交通の要衝であり、広大な後背圏を抱える東ある 日本エリアへの営業ハブとして認知される。 大宮駅西口は大規模商業施設の他、大手企業の支社・支店等の営業所が集積し、 明治安田生命さいたま新都心ビル(ランド・アクシス・タワー) ソニックシティビル シーノ大宮サウスウィング 等の高層オフィスビルが立ち並びビジネスオフィス街の中心地の1つとして注目 されている。一方、昔はほとんどが田園地帯だった大宮駅東口。氷川神社という日本屈指の古社の門前町のエリアであったことから、歴史的な雰囲気を残しつつ現代と融合し発展し、今では飲食や物販等の個人商店が多数軒を連ねる商業地へと進化し、大規模再開発によって駅周辺の回遊性向上、賑わい創出が期待されている。都心へのアクセスも良好で、公園等の自然を感じられる場所も多いことから、さいたま市のビジネスオフィス街に注目する企業も増え始めている。

さいたま市の主要区