「JLL Smart Office」は、デザイン性と汎用性のある内装で、オフィスビルに新たな付加価値を創造します。

ビルオーナーに対しては新しいバリューアップの手法を、テナントに対してはオフィス選びの新しい選択股を提供します。



オフィス移転にともなう3つの悩み

shutterstock_127456451

移転のコストが高い

内装工事費用、移転費用等とオフィス移転には大きなコストがかかります。
19688954_megahigh

居抜きで気に入る物件は少ない

内装のコストを抑えられる居抜き物件、内装付オフィスで、デザイン的にも気に入る物件がない
3202700_print

無駄なスペースはなくしたい

どんなレイアウト、デザインが良いのかイメージが湧かない。決められない。



デザイン性・汎用性ある内装工事をオーナー工事とし、

テナント入居促進、賃料単価UPを実現します。

従来の内装付オフィスと異なり投資リスクを最小化できます。

VR技術を駆使することにより、ビルオーナーは、テナントが未決定の状況で、多額の内装工事費に投資するというリスクをヘッジできます。

Niigata_Station_South_Center_Building

内装デザインのセレクト

テナントは自分好みの内装を選ぶことができます。コーポレートカラーの床材等を選ぶといった楽しさ喜びを感じることができます。

Niigata_Station_South_Center_Building

優れた汎用性あるレイアウト

多種多様なテナントニーズにマッチするレイアウトをデザインします。テナントは入居後のオフィスワークを具体的にイメージできるため、意思決定のスピードが上がります。

Niigata_Station_South_Center_Building
shutterstock_492330130

スマートフォンで360度内覧できます

専用アプリを利用することで、お手持ちのスマートフォンでより鮮明に360度内覧をすることができます。

shutterstock_224569474

現地でVR内覧も可能です

現地で内覧をする際に、VRキットをお貸しします。より具体的なイメージを確認することができます。





スマートオフィス レイアウト
拡張する