Welcome to
Office Finder

JLLの賃貸オフィス物件検索サイト

オフィス移転やリニューアルの
ワンストップ・サービス

2017年4月東京オフィス市場賃料・空室動向 (Aグレードオフィス市場)

3月短観 大企業製造業況判断 2四半期連続改善

3月短観によると、大企業製造業の業況判断は12ポイントとなり、前年12月調査比2ポイント改善して、2期連続の改善となった。一方、大企 業非製造業は20ポイントとなり、前期比2ポイント改善した。先行きの景況感は悪化を示しており、一因に人手不足を挙げる見方もある。

東京Aグレードオフィス賃料 20四半期連続上昇 上昇ペースは3四半期ぶり減速

第1四半期末時点のAグレードオフィス市場の空室率は2.7%となり、前期比0.8ポイントの上昇、前年比0.4ポイントの上昇となった。新規供 給の空室や2次空室の発生等を背景に、大手町・丸の内、赤坂・六本木、恵比寿を含むサブマーケットで上昇がみられた。賃料は月額坪当たり 36,439円となり、前期比0.6%の上昇、前年比2.2%の上昇となった。新規供給や需給の逼迫を背景に、大手町・丸の内、虎の門、渋谷で緩や かな上昇がみられた。上昇は20四半期連続。上昇ペースは3四半期ぶりに減速した。前月比は0.6%の上昇。

東京Bグレードオフィス賃料 上昇ペース2四半期ぶり加速

第1四半期末時点のAグレードオフィス市場の空室率は2.8%となり、前期比0.5ポイントの上昇、前年比0.6ポイントの上昇となった。建物の 建替等を背景に、渋谷を含むサブマーケットで上昇がみられた。賃料は月額坪当たり22,439円となり、前期比0.6%の上昇、前年比3.0%の 上昇となった。需給の逼迫を背景に、銀座、赤坂、渋谷を含むサブマーケットで緩やかな上昇がみられた。上昇は17四半期連続。上昇ペースは 2四半期ぶりに加速した。

森ヒルズリートが虎の門ヒルズ 森タワーとオランダヒルズ 森タワーを取得

森ヒルズリートは、8月に森ビルより、虎ノ門ヒルズ 森タワー(持分1.8%相当)とオランダヒルズ森タワー(持分35.9%相当)を取得すると発 表した。虎の門ヒルズの価格は50.7億円、NOI利回りは3.4%。取得した持分は森ビルに5年間の固定型マスターリース方式による賃貸を行 う。賃料単価は月額坪当たり3.5万円。オランダヒルズは価格93.3億円、NOI利回り4.3%で取得する。

img_office_170412
アーカイブを見る