Welcome to
Office Finder

JLLの賃貸オフィス物件検索サイト

オフィス移転やリニューアルの
ワンストップ・サービス

2017年5月東京オフィス市場賃料・空室動向 (Aグレードオフィス市場)

1-3月期実質GDP成長率 5四半期連続プラス成長

1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率換算2.2%増となった。5四半期連続のプラス成長。個人消費(同1.4%増)や輸出(同8.9%増)が牽引した。設備投資(同0.9%増)もプラス成長となったものの、ペースは前期との比較で減速した。

5月 Aグレードオフィス空室率 前月比0.1ポイント上昇

5月末時点のAグレードオフィス市場の空室率は2.7%となり、前月比0.1ポイントの上昇、前年比0.2ポイントの低下となった。丸の内にて発生した二次空室が、大手町の新築ビルや品川の館内増床にて吸収された需要を相殺した。

5月 Aグレードオフィス賃料 前月比横ばい

5月末時点のAグレードオフィス市場の賃料は月額坪当たり36,449円となり、前月比横ばい、前年比1.6%の上昇となった。ただし、一部サブマーケットにおいては、供給が限定的であることに加えて、2018年の新規供給の成約率が上昇していることから、賃料には上昇圧力が加えられている。

日比谷パークフロント竣工

5月、日比谷パークフロントが竣工した。霞ヶ関サブマーケットに位置し、延床面積67,000m²、地上21階建ての規模。新生銀行旧本社ビル再開発である。BCP対策を備えるほか、DBJ Green Building認証制度にて「国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル」の認証を付与された。テナントはソニー銀行等が挙げられる。

img_office_170608
アーカイブを見る