仙台市

宮城県 - 仙台市のビジネス・オフィス街

宮城県の県庁所在地にして、東北地方における経済・行政の中心都市である仙台市のオフィス街は、2000年頃をきっかけに市内の商業機能が集まり始め、県内だけでなく周辺の県外からも人が訪れるようになったことでさらなる賑わいが見え始めた。2015年には地下鉄東西線が開通し、地下鉄南北線と共に十字型の都市環境を有する。東京駅から新幹線で約90分というアクセスの良さから、仙台駅周辺には全国展開企業の支店営業所から地元企業まで多くの企業がオフィス・事務所を構える。JR仙台駅西側の青葉通を中心に、広瀬通~南町通周辺がオフィス集積地として知られているが、仙台駅東側で継続的に再開発が行われたことでオフィスエリアが拡大。「学都」と呼ばれる仙台市は高等教育機関が豊富にあり、東北圏内からも若者世代が集まるため、人材獲得を目的とした企業進出も。その他、勾灯台、南町通、五橋駅周辺とJR仙台駅を中心に東北地方の経済を扇動するビジネスオフィス街として発展してきた。仙台駅周辺には、JR仙台イーストゲートビルアエル(AER)いちご花京院ビル等の高層オフィスビルが立ち並びつつも地元の繁華街の賑わいと融合しているエリアとなっており、これからのさらなる進化が期待できる。 

仙台市の主要区