千葉市

千葉県 - 千葉市のビジネスオフィス街

千葉県の中でも行政機関があり、大手企業が多く集まる千葉市のオフィス街千葉市がまちづくりに注力する「3都心」のうち、オフィス集積地で知られており、「千葉都心地区」と「幕張新都心地区」としても有名である。中央区に位置する「千葉都心地区」はJR千葉駅・京成千葉駅・京成千葉中央駅・JR千葉みなと駅が利用できる県内屈指の交通の要衝であり、千葉県庁、千葉市役所、国の出先機関等の行政機関、大手企業の支店・オフィス・事務所等が集積する。センシティビルディング(センシティタワー)WESTRIO千葉フコク生命ビル(ウェストリオ3)等の高層オフィスビルが並ぶ千葉駅周辺では、都市機能整備を強化に向けた駅ビルの建替え、駅周辺での再開発が進行している。千葉市は、グローバルMICE都市、都市再生特別地区に指定されていることから、様々な大型商業施設や宿泊施設等の商業施設が進出している。美浜区に位置する「幕張新都心地区」は国際業務都市として、1989年に開業した幕張メッセを先導的中核施設として、幕張テクノガーデンワールドビジネスガーデンの高層オフィスビル、研究開発、学術・教育機能、コンベンション施設が集積する。飲食店等の繁華街で活気がありながらも市街地から離れると緑を感じられる公園やスポットもある千葉市のオフィスエリアは、住みたい街としても人気が高く、環境面でも良好な街として知られている。 

千葉市の主要区